ホーム > 製品情報 > パルスビーム方式陽電子寿命測定装置 > PALS-200A

Products

製品情報
 
 
 
パルスビーム方式
 
小型・陽電子寿命測定装置 PALS-200A
<薄膜材料内の原子空孔〜ナノ空孔測定>
 
 
 
特長
自動測定機能を標準装備した小型汎用PALS装置
誰にでも簡単に操作できる解析ソフトを付属
パルスビーム方式で分析深さを自由に制御
(薄膜材料の表面〜数μmの範囲)
原子サイズの分解能で測定
(原子空孔(<0.3nm)〜ポリマー自由体積(<1nm)
〜ナノ空孔(<10nm))
低ダメージ、非破壊測定
 
 
 
 
仕様と性能
装置本体サイズ :2.0m(L)x0.7m(D)x1.5m(H)
陽電子源:Na-22密封線源(最大1GBq)
陽電子ビームエネルギー:0.5〜15keV(可変)
時間分解能 :<300ps
γ線計数率:>500cps@1GBq
測定時間:1スペクトル<1時間
 
 
アプリケーション
LSI材料
Low-k、High-k、Cu配線、歪みSi、バリア膜、
レジスト膜、イオン注入誘起欠陥、etc
化合物半導体薄膜
GaN、ZnO、SiC、GaAs、etc
光学材料、ディスプレイ材料、太陽電池材料、FC材料
ポリマー自由体積
分離膜(RO膜)、ガスバリア膜(太陽電池バックシート、
有機ELバリア層)、メソポーラス材料、etc


オプション
空孔連結性の測定 (オープンポア/クローズポア)
加熱測定機構
(条件設定しサンプルセット後は自動測定)
様:室温〜200℃複数温度設定。
測定サンプルは1個
成:サンプルステージモジュール、ヒーター電源/
温度コントローラ、自動測定ソフト
応用例:自由体積の温度依存性の分析



海水淡水化に用いる分離膜(RO膜)の分析例。RO膜では表面に形成した分離層(厚さ数10nm)の自由体積空孔サイズが、不純物分子の阻止率に強く影響する。




先端LSIの多層配線絶縁膜として用いられている低誘電率(Low-k)膜の分析例。プラズマCVDによるSiOCH膜ではシリカ骨格の空隙を広げることにより低誘電率化を実現している。

 

 
  印刷用(PDF)  
     
 
  上へ戻る >>お問合せ
 
     
copyright©2006-2014 Fuji Imvac All rights reserved.